Lunch薬膳ランチ

過去のメニュー身土不二コース

【6月メニュー】体の中に余分な熱や湿度がこもりやすい夏テーマは「脾と心を健やかに保つ」です。

薬膳ハルヒの6月のテーマは「脾を健やかに保つ」です。

6月は梅雨どきであり、じめじめと蒸し暑い日々が続くと、食欲不振、むくみやだるさなどの不調を感じることがあります。漢方では、体調不良を引き起こす過剰な湿気を「湿邪」とよび、「湿邪」に最も影響を受けやすいのは「脾」です。「脾」は、食べ物を消化吸収し、栄養を巡らせ、水分代謝を調節する働きがあります。また「脾」は冷えに弱く、蒸し暑いからと冷たいものばかり食べていると、さらに「脾」が弱り、食欲不振、むくみなどの原因となります。漢方では、梅雨どきは、冷たい食べ物ではなく、身体の熱を冷まし水分を調節する食材を選びます。また、体のほてりは冷ましながらも、胃腸は冷やしすぎないよう、身体を温める食材でバランスを取ります。6月にふさわしい薬膳フレンチをお楽しみください。

コース品目

血【前菜】
トマト・海老・クスクス・パプリカ・キュウリ・茗荷
水【スープ】
ジャガイモ・豆乳・冬瓜・鶏・大和当帰
温【メイン・魚】
魚 鱸・ナス・ズッキーニ・トマト・バジル・バルサミコ酢
温【メイン・肉】
肉 鴨・ナツメ・黒酢・季節野菜
気【デザート】
メロン・竜眼・ミント・ヨーグルト
茶【お茶】
紅茶 または ハーブティー

※メインは魚か肉のどちらか1品をお選び下さい。
※食前茶・パンがつきます。

ページトップへ